金利の低いカードローンを選ぶなら銀行へ!

カードローンには沢山の種類があります。そのため選ぶ時はどれが良いのか悩んでしまうという人も多いのではないでしょうか。

 

カードローンを比較した場合、消費者金融と銀行であれば銀行の方が一般的に金利が低く設定されています。

 

そのため銀行のカードローンを利用したい!と考える人も多いと思います。しかし金利を見る場合には金利の下限と上限の両方を見なければいけません。例えばカードローンの下限の金利が3.5%と設定されていると低くて利用したい!と誰もが思うでしょう。

 

しかし金利は上限も確認する必要があります。金利が3.5%〜12.0%となっていた場合、下限の3.5%に誰もが適応されるわけではなく、上限の12.0%が適応されてしまう場合もあるのです。

 

金額に応じて金利が異なる

 

審査の内容にもよって異なってきますが、金利は借入金額に応じて決められています。借入金額が大きいほど金利は低くなっていき、借入金額が小さいほど金利は大きくなってしまいます。銀行のカードローンのWebサイトには借入金額に応じた金利が説明されていることもあるので確認しておくとよいでしょう。自分の借入金額はどのくらいの金利になるのかがおおまかでも事前にわかれば借入しやすく、また他のカードローンとも比較しやすくなります。金利は出来るだけ抑えることが出来れば利息も減っていくので返済が楽になってきます。

 

銀行のカードローンを選ぶ場合金利の低さが魅力となって選んでしまいがちですが、一番低い金利になる場合には最大利用限度額を利用できるようにならなければいけないでしょう。

 

そのため銀行のカードローンを選ぶ場合には、金利の下限だけを見て選ぶのではなく上限も見て、さらに自分の借入希望の金利を比較して選ぶ必要があるのです。