フリーターや派遣社員が銀行系のカードローンを利用する場合

キャッシングを利用するためには審査に通る必要があります。

 

審査の詳細についてはカードローン会社ごとに異なりますが、大まかな内容というのはどこも同じです。やはり返済の基本はどういった仕事をしているかという点ですので、正社員と比べるとフリーターや派遣社員などは不利なのではと思いがちです。

 

確かに正社員の方が有利かもしれませんが、フリーターや派遣社員であってもカードローンを利用することはできますので安心してください。そもそも非正規雇用の割合はどんどん増加していて、正社員だけを対象にカードローンサービスを提供していても、あまりビジネスとして成り立たないのが現実です。

 

安定した収入とは

 

カードローンを利用するためには安定した収入が大切になります。その点、正社員はまったく問題ありませんね。それと比べるとフリーターや派遣社員はやや不安定なのは否定できませんが、一定期間きちんと仕事を続けていれば問題ないと判断されるようです。

 

収入の大きさ以上に、どれだけ安定しているかというのが評価の対象になりますので、働き始めてから数年程度経っていればまず問題ありません。もちろん限度額の大きさは収入に依存しますが、それでもフリーターや派遣社員であっても十分な金額を借りられるのではないでしょうか。

 

複数の収入がある場合は注意

 

フリーターや派遣社員の場合は、正社員と比べると働き方が自由なため、複数の仕事を掛け持ちしている人も多いと思います。

 

キャッシングの審査では、収入がどれぐらいあるのかを報告する必要がありますが、複数の仕事を掛け持ちしているのであればすべての収入を合計するようにしてください。

 

面倒だからといってメインの仕事だけの収入を提出すると、その分だけ収入が低くなりますから審査で不利になってしまうので注意が必要です。