銀行カードローンにおける審査のポイント

銀行カードローンを利用する場合はどうしても相手がお堅い銀行だけに、審査に通るかどうかが不安になります。ただ、銀行は個人向けのカードローンの経験が浅いため、貸出金の管理や審査に対するノウハウがありません。

 

そのため、貸金業者を保証会社にすることでカードローン事業の運営を委託する形を取っています。従って、銀行カードローンの審査も貸金業者が行っているため、貸金業者のカードローンにおける審査と内容的には大きな違いはありません。

 

返済における能力

 

審査における最重要項目として利用者の年収があり、借入金を返済できるだけの収入のある人に貸出をすることになります。

 

なお、利用者の年収がキャッシングの審査に直接影響することはありませんが、当然年収の多寡が利用限度額に影響を与えます。

 

従って、年収の高い人が審査において有利であることに変わりはありません。

 

安定的な収入

 

銀行カードローンの利用条件は基本的に定められた年齢の範囲内であることと、安定的な収入を得ていることです。キャッシングの返済は長く継続されるものであるため、一時的な高収入より安定的な収入が高い評価につながります。

 

例えば、水商売などの店舗で働いている人は高額な収入を得ていたとしても非常に不安定であり、いつ無収入になるかもしれないために評価は低く、公務員のように倒産の危険性が無く、よほどのことが無い限り解雇の心配が無い人は高い評価を得ています。  

 

また、安定という面では就業年数も審査に大きく影響し、入社後1年に満たないような人は将来的な就業の確実性が薄いことから、マイナス評価になっています。

 

他社のカードローンの借入残高

 

返済能力という点では、他社からの借入金の残高も大きな審査ポイントになります。借入残高が多いということはそれだけ可処分所得が減ることになり、必然的に返済におけるリスクが高まることになります。

 

銀行カードローンには総量規制が適用されませんが、年収の3分の1が返済可能額の上限と捉えられています。