銀行のカードローンを延滞した場合には?

キャッシングを利用しているとうっかり返済日を忘れてしまうということもあると思います。しかしうっかりであろうとどのような理由であっても返済日を過ぎてしまう延滞になってしまうのです。延滞になってしまうと様々なリスクを負ってしまうことになってしまいます。出来れば延滞などしないことが望ましいのですが起こってしまった場合の対処についても説明したいと思います。

 

督促される

 

銀行のキャッシングの返済日を過ぎてしまうと延滞となってしまいます。延滞になるとその事実を連絡しなければいけませんので、はがきなどで督促状が届いてしまうことになってしまいます。それでも連絡や支払いがない場合には電話がかかってくる場合もあるので延滞した場合はすぐに返済したほうが良いでしょう。督促状には返済方法が案内されていますで届いたらすぐに返済しましょう。

 

遅れた日数分損害金が発生

 

延滞してしまった場合、支払が遅れてしまった分遅延損害金が発生してしまいます。この遅延損害金は銀行によって利率は異なっていますが大体が20%で設定しているところが多いようです。また借入利率によって遅延損害金が決まっている銀行もあるようです。遅延損害金は通常の利息の他に支払わなければいけない金額なので延滞が長くなるとそれだけ返済金額も大きくなってしまうので、早めに返済しましょう。

 

信用が失われる

 

銀行のカードローンは信用の上でお金を貸出していますので、何度も延滞を繰り返すようであれば信用も失われていってしまうのです。この先利用限度額の増減を希望したり、また借り換えなどを希望しても審査に通らなくなってしまう可能性も出てきてしまうのです。また増額出来ないばかりか、限度額を引き下げられてしまうこともありますのであまり延滞しないほうが良いのです。

 

延滞した場合の対処法

 

延滞してしまった場合は早急に返済することが一番良いのですが、返済日前に延滞することがわかっているのであれば先に担当者に連絡を入れておくと良いでしょう。連絡を1本入れておくだけで与える印象は大きく違ってきますし、また督促を止めることが出来るようになるのです。面倒に思わず遅れそうになったら電話して説明しておきましょう。