銀行のカードローンの契約を迅速にする二つの要因

いわゆる消費者金融という業界では、契約書に記入した後に行われる審査の結果、問題が無ければ、最短当日でキャッシングの契約が成立して、カードを受け取れるようになってきましたが、身近にある銀行でも即日融資の対応をしてくれるようになってきている銀行も増えてきました。

 

このカードローンの使い道としては、冠婚葬祭などの急な出費がある場合など、即日融資に対応した銀行のカードローンがあれば便利に使えると思います。今までの銀行のカードローンを契約する際は、申込書に必要な事項を記入した後に審査を行い、その結果が出るまでに1週間以上かかり、すぐには利用できないといったことも多くありました。

 

そういった事情がある為、銀行のキャッシングの契約よりも、年利の高い消費者金融の即日融資を利用した方が使い勝手が良いという場合が多くありました。

 

ここ数年の流れとして、銀行のカードローンでもインターネット上で申し込みも審査も行われ、審査で問題がないと判断されて借り入れできるまでのタイムラグが従来よりも短くなってきているので、こういった方法でカードローンの契約をして、実際に借り入れをさている方も多いと思います。

 

しかしながら、銀行のカードローンでも即日融資を謳っているから、必ずしも即日融資を受けられるとは限りません。銀行のキャッシングで即日融資を希望するには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。

 

カードローンの申し込みをした時間

 

カードローンの即日融資を希望する場合、申し込みをする時間に気を付ける必要があります。それは、午前中に申し込みを完了させることです。その大きな理由が、銀行の窓口の営業時間になります。一般的な銀行の窓口は午前9時から午後3時までとなっています。

 

さらに、カレンダー通りに営業する銀行の営業日は、土日・祝祭日の場合では営業していません。これら銀行の営業日と時間から逆算していくと、即日融資を受けるためには午後3時までに申し込みを提出・受付の完了をさせなければ、即日融資が出来ないことになります。また、カードローンの審査をする時間も2〜3時間と長くなってしまう傾向があります。

 

そして、時間に余裕を持たせるために、午前中にカードローンの申し込みが必要になります。ここ数年で、インターネットでの事前受付などのサービスを提供している場合もありますので、事前申し込みをしておけばスムーズに受付が出来るので、インターネットでの事前受付を利用したい銀行が対応していれば、あとは来店して、審査の結果を聞くだけの形に持って行け、時間も有効に活用できます。

 

希望する借入限度額は高くしないこと

 

銀行のカードローンだけに限りませんが、「即日融資を受けたいときは、如何に早く審査を完了させるか」にかかっています。そのため、希望する借入限度額をいきなり高額な金額にしてしまった場合、銀行側の審査もかなり慎重になってしまい、審査に時間がかかる原因になります。即日融資を受けたい金額が10万円であれば20万円にするなど、借り入れ限度額にも注意してください。