ちょっとして、銀行カードローンなら審査は楽?

ちょっとして、銀行のキャッシングなら審査は楽?

 

銀行からお金を借りる人は沢山いますよね。でも、銀行からお金を借りる為の審査はとても厳しいです。銀行が融資してくれる商品には、住宅ローン、自動車ローン、教育ローン等様々ものがあります。なのでこれらを使いたいと思ったら、やはり厳しい審査をクリアしないといけません。

 

実際にこれらのローンを使っている人なら厳しい事はすぐにお分かりになると思います。

 

それに対して、銀行のキャッシングの審査は甘く、簡単なのです。最近ではテレビCM等でもよく見かけてたぶん知らない方も少ないのではないでしょうか?銀行にとって、顧客に融資をする事も一つの利益を出す為の手段なので、個人に対してもっと気軽に融資を受けてもらったり、借り入れをしてもらえれば利益をもっとあげられるわけなのです。

 

その為、銀行系カードローンという形でそれを行っているわけです。しかも銀行系カードローンならば金利も低く、借入限度額も50万円から500万円と様々な金額に対応しているので、利便性が高く魅力が多いのです。

 

審査が甘い理由とは?

 

では、具体的に銀行のキャッシングンの審査が甘い理由は何故なのか見てみましょう。その理由として収入面に関する事があげられます。通常普通のローンはそれなりの収入と確実な返済能力を審査に求められます。

 

でも銀行カードローンの場合、そこを低めに設定していて決して高収入である必要がないのです。

 

といっても最低限銀行が許容できる範囲での返済能力は必要です。でも、他のローンと比べればとても甘く設定してあるので、審査は通過しやすいのです。かつ消費者金融系のカードローンと違って、銀行カードローンは総量規制の対象外なので、たとえ年収の3分の1以上の借り入れを行ったとしても問題がないのです。こういった理由で銀行のキャッシングは、審査が甘いと言われる所以なのです。