銀行カードローンの審査のハードルは高いのか?

銀行キャッシングは、条件さえ整っていれば意外と審査をパスするのは難しくない事をご存知でしょうか。

 

その条件は「十分な返済能力を持っていること」が挙げられます。

 

ただし、もし現在十分な返済能力を持っていたとしてもすでに借り入れ返済が延滞中であったり、過去に返済に滞りがあった、などの事故情報があれば審査をパスするのは難しくなります。この条件をクリアしていれば、銀行カードローン審査は消費者金融系カードローンのそれと比べると、比較的スムーズにパスする事が出来ます。

 

これまでは、銀行からお金を借りられるのはこれから事業を始める方々などで、一般ユーザーは門戸が開かれていないというイメージがあったかもしれません。銀行カードローンは、銀行が顧客ニーズの多様化・営業戦略の多様化に伴って小口融資に対しても力を入れるために登場した、ユーザーが手軽に審査を受けることができるシステムです。

 

銀行カードローンのメリットは、なんといっても年収の3分の1以上の借り入れが可能な事です(借り入れ総量規制対象外のため)。
方消費者金融系のカードローンは、現在総量規制があり年収の3分の1までしか借り入れを行うことが出来ないからです。

 

実は今この理由から、多くの方々が銀行キャッシングを利用することを検討しています。また、一般的な消費者金融のカードローンの審査は通る事が出来なかったけれど、銀行キャッシングは無事に審査をパスする事が出来た、という話は少なくないのです。

 

基本的に、たとえ借入金額が少なくても返済能力が伴っていなければ審査をパスするのは難しいと言わざるを得ませんが、あなたが特に借り入れもなく十分な返済能力があれば、銀行カードローンからの融資を受けられる可能性は十分あるのです。審査に通過することが出来なかったからといって、何かペナルティーを受けるわけではありませんので、まずは気軽に審査を受けてみることを考えてみてはいかがでしょうか。