高限度額を希望するなら銀行カードローン

消費者金融などのキャッシング会社などからの借り入れの場合には、貸金業法により、年収の3分の1までの借り入れと、総量規制が法律で定められています。

 

そのため、キャッシング会社からの貸し付けは、限度額が低いと感じている方も多いかと思います。年収があがらない限り貸し付け限度額をあげることができないのが、キャッシング会社からの借り入れです。

 

貸し付け限度額を変更したいと希望される場合には、銀行カードローンの契約がお勧めです。

 

銀行カードローンに限度額がない理由

 

銀行系のカードローンは、年収の3分の1以上の借り入れ限度額を設定することが可能です。銀行カードローンはキャッシング会社と違い、総量規制の対象外となっているからです。とはいえ、銀行カードローンが総量規制外だからといって、すべての人が必ずしも借入額を高額に設定できるとは限りません。

 

銀行の場合には、契約時に返済能力があるかどうかの厳しい審査があります。審査をしたうえで融資金額を決定するため、銀行カードローンに切り替えたからといって、現在利用してるキャッシングやカードローンの金額よりも、高額貸付が保証されるわけではありません。

 

コツコツと実績を作るのが一番の近道

 

もし、高限度額を希望されるのであれば、銀行カードローンへの切り替えをお勧めしますが、銀行カードローンにしたからといって、必ずしも貸付金額が高額になるとは限りません。

 

限度額の引き上げを希望する場合には、まず支払い実績を作り、優良顧客だと銀行から認められることが必要です。そのためには、返済期日を守り、必ず返済すること。そのためには、無理のない返済計画を立て実行すること。

 

優良顧客に認められれば、貸付額をあげることも可能となるでしょう。